栃木県宇都宮市の介護用品・福祉用具の販売、レンタル、住宅改修 | 株式会社ロイエル

文字サイズ

ロイエルショップ

介護保険について

介護保険サービスの対象者

  • 65歳以上の方(第1号被保険者) 寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常時の介護までは必要ないが身支度など日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合にサービスが受けられます。
  • 40際から64歳までの方(第2号被保険者) 特定疾病により要介護状態や要支援状態になった場合にサービスが受けられます。

特定疾病とは?

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病関連疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • がん末期

介護保険制度申請の手順

介護保険制度申請の手順

要支援・要介護認定の基準

要介護度 単位数 区分支給限度額 平均的な状態像
要支援1 5,003単位 50,030円 日常生活はほぼ自分で行えるが、今後、要介護状態になることを予防するために、少し支援が必要。
要支援2 10,473単位 104,730円 日常生活に少し支援が必要だが、介護サービスを適応すれば、機能の維持、改善が見込める。
要介護1 16,692単位 166,920円 立ち上がりや歩行がやや不安定。日常生活はおおむね自立しているが、排泄や入浴などに一部介助が必要。
要介護2 19,616単位 196,160円 立ち上がりや歩行が自力では困難。排泄や入浴にも一部または全介助が必要。
要介護3 26,931単位 269,310円 立ち上がりや歩行が自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱などにも全面的な介助が必要。
要介護4 30,806単位 308,060円 生活全般で能力の低下が見られ、排泄・入浴・衣服の着脱に全面的、食事に一部介助が必要。介護なしでは日常生活が困難。
要介護5 36,065単位 360,650円 生活全般にわたり、全面的な介助が必要。意思の伝達が困難。介護なしでは日常生活が不可能

※実際の支給限度額は金額ではなく「単位」で決められており、サービスの種類によって1単位当たりの単価が異なります。上の表の区分支給限度額は利用できる目安として、1単位当たり10円で計算しています。