栃木県宇都宮市の介護用品・福祉用具の販売、レンタル、住宅改修 | 株式会社ロイエル

文字サイズ

ロイエルショップ

介護リフォーム

介護リフォームについて

玄関の上がり框の上り下りが大変になった、敷居に躓いた!などということはありませんか?
手すりが1本付くだけで転倒から身を守ることができるかもしれません。安全に生活するための小さなリフォーム始めてみませんか?

介護保険の認定は受けてるけど、どこに頼んだらいいか、わからないなんて事ありませんか? ロイエルでは、申請の仕方や介護リフォームの内容のご提案まで、幅広くご案内させていただいております。ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

住宅改修工事

介護保険の認定を受けている方は、下記の住宅改修が20万円を上限として1割(または2割)の自己負担で工事できます。

※必ず施行前の事前申請が必要です。
※住宅改修費の給付は原則一回のみですが、転居や、身体状況が大きく変化した場合等は、再給付されます。
※住宅改修工事の利用方法は、市区町村によりことなる場合があります。
※詳しくは、行政介護保険窓口、地域包括支援センター、又はケアマネージャーにお問い合わせください。

申請に必要な書類

  • 住宅改修費支給申請書
  • 内訳書、領収書
  • 理由書
  • 改修前、改修後の日付入り写真
  • 承諾書(住宅所有者が被保険者と異なる場合)
  • その他(介護保険被保険者証、本人名義の預金通帳)

介護保険で適応となる住宅改修

手すりの取り付け

廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒予防若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するものです。手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等適切なものとします。なお、貸与告示第7項に掲げる「手すり」に該当するものは除かれます。

浴室改修工事

浴室では、高齢者の事故が多く、くつろぐための場所が危険な場所になってしまっています。滑ったり、つまずく、跨げないなどの問題を解決するために浴室改修工事が必要です。 浴室の改修でも、すべてが助成金の支給対象になるわけではないので、事前にご相談の上、リフォームをしてください。

床材の変更

居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されるものです。

引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。ただし、引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置はこれに含まれず、動力部分の費用相当額は、法に基づく保険給付の対象となりません。

洋式便座等の便座の取り替え

和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定されます。ただし、購入告示第1 項に掲げる「腰掛便座」の設置は除かれます。また、和式便器から、暖房便座、洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは含まれますが、既に洋式便器である場合のこれらの機能等の付加は含まれません。さらに非水洗和式便器から水洗洋式便器又は簡易水洗洋式便器に取り替える場合は、当該工事のうち水洗化又は簡易水洗化の部分は含まれず、その費用相当額は法に基づく保険給付の対象となりません。